健康保険組合の解散とその影響

今、多くの健康保険組合が解散に追い込まれています。
世の中の景気が多少上向いただけでは、その経営立て直しには追い付かないようです。
健康保険組合の運営は、当然ながら組合員の負担する保険料で賄われています。
その組合員の人数が、最盛期の3分の1以上減少してしまうと、経営が危機的なものになり、給付金の支払いにも影響が出ます。
組合員が減少した背景には、組合を脱退する企業が増え、更に会員企業でも非正規労働者が増加した現実があります。
社員数は依然と同じという企業でも、正社員が減って、非正規の社員が増えれば、健康保険組合の会員数も減るのです。
企業の人件費を削減しようという動きが、健康保険組合の存続を危うくしているのです。

Google Apps
10の疑問と徹底解説

最新記事

  • 怪我や病気をしたとき、これほど健康保険組合に入っていてよかったと思うことはないでしょう。
    とい …

    詳細はコチラから!

  • 企業によって加入している健康保険組合が違うため、還元される福利厚生の内容が違っています。
    もち …

    詳細はコチラから!

  • 健康保険組合と言うところがあります。
    これは国に変わって健康保険事業を営むという公法人となって …

    詳細はコチラから!